2013年03月20日

田沢、5試合連続無失点


ボストン・レッドソックスの田沢純一投手が現地19日、ボルティモア・オリオールズとのオープン戦の6回から2番手としてリリナイキ ーフ登板。1回を無安打、無四球、1三振、無失点に抑えた。
田沢は、昨季33本塁打を放った強打者クリス・デービス一塁手から空振り三振を奪うなど1回をパーフnike ランニングェクト。5試合連続で相手打線に得点を与えなかった。

 試合は7対8でレッドソックスが敗れている。ナイキランニング
posted by nike at 10:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜DeNA:新人三嶋が4失点/ソフトバンク戦から

新人三嶋は九回に4番手として登板。プロとしては初めてのクローザーの大役だったが、1回4安打4失点と炎上。三嶋は「悔しいナイキランニング。何を言っても言い訳にしかならない」と肩を落とした。

 2点を追う展開だったが「自分としてはリードしている場面をイメージした」。ナイキ それでも、スライダーの制球が不安定で苦し紛れに投げた直球を痛打された。三嶋は「狙われていた。直球だけではプロで通用しない」と反省を口にした。ナイキランニング だが、首脳陣の期待は変わらず、中畑監督は「慣れないポジションというのもある。nike ランニング今日はたまたまこういう結果」とかばった。井納が先発入りしたことで、友利投手コーチは「パワーのあるロングリリーフとして使っていく。これから経験を多く積んでもらう」と方針を説明した。ナイキ
posted by nike at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜DeNA:下手投げに苦しむ/ソフトバンク戦から

ここまでチーム打率2割8分3厘と好調を維持していた打線だが、この日はソフトバンクのドラフト6位の新人山中を相手に6回1安打無得点に完全に封じ込められた。

ナイキ 最速で120キロ台ながら、両リーグでも数少ない下手投げ投手の浮き上がるボールに苦戦。ナイキランニング二回に106キロのスローボールにブランコが三振するなど、打線はバットの芯に当てることができず、六回に梶谷が二塁内野安打で出るのが精いっぱいだった。

nike ランニング 中畑監督は「(山中は)緩急がうまく制球もよかった。野球の神様が打線は水物だということをこの時期に教えてくれた」と気持ちを切り替えていた。ナイキ
posted by nike at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。